×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

広島県神石高原町・国道182号線上のループ
正式名称:不明(油木大橋だった気がする)
大きさ:なんか無駄にデカイ
高さ:こんなもんじゃねぇの?

訪れたのは二月の朝。雨こそ降っていなかったがループ橋周辺は霧が降りていた。


国道182号線の東城往来を走っていると、油木バイパス付近の山中に突如としてその姿を現す。

油木大橋(ユキオオハシ)を中心にしてループを描いたのが
このループ橋である。

 南北を通る182号線の南口の方が標高が高く、福山から東城へ向かうと、このループ橋を下ることになる。

◆特徴

楕円形
路線バスも通るらしい
周りに何もない


北方面に向かって撮影。橋となっているのはこの部分だけ。

 

 このループ橋の特徴は、岡山の53号線ループと同じように楕円形の形をしている点だ。
 写真の警告標識を見ればその全貌が実に分かりやすく示されている。

 この先の集落へとつながっているのかは分からないが、電線が通っている。しかしこの周辺には何もない。

 ちなみに標識の右下にガードレールの白い線が見えるが、これはループ橋とは関係ない。
 

 上の写真を撮った場所とほぼ同じ位置から撮影。

 全景を見渡しづらいのが楕円形ループの欠点だと思う。
 写真の中にある赤い矢印もループの一部。見える?

 岡山の53号線にあるループ橋にも言えることだが、楕円形と言っても陸上競技のトラックのように直線区間が存在する。
まぁ道路だし、真っ直ぐな方が走りやすいんだろうね。

 上の写真を撮った場所から50メートルくらい前進して撮影。

 福山方面から来るとループ橋入口にはこのようなS字が待ち構えている。
 この先にUターン橋(後述)があることを考えると路面凍結時などは慎重に進むべきだろう。

 上に写っているガードレールは農道らしい。

 このループ橋最大の見せ場、Uターン橋。

 陸上トラックのような形をしているループ橋に見られる特徴で、その名の通りU字に曲がっている。
 正式には油木大橋とかいったような気がするが、覚えていない。

もちろん、このループ自体を油木大橋というのではなく、あくまで欄干が赤い部分のことを指している。

 Uターン橋と対をなすカーブ。

 手前の木が邪魔で写りが悪い。橋になっているわけでもないので反対側と比べると見劣りするのは否めない。

 見劣りするけどカーブの入り口を撮影。

 ループ橋の中心部には駐車スペースがある。
 案内板が立っているだけで自販機もトイレもないスペースだが、散策するにはちょうど良い駐車スペースだ。
 道には歩道も付いており歩いて一周してみるのも悪くない。

 ちなみに、南方面へ向かう道は、Uターンの直前まで登坂車線がある。
 写真にも車線減少の看板が見えている。それだけ坂が急だったことを考えれば、このような道を作らざるを得なかった点にも納得がいく。




リストへ戻る